貧困

年収2万5千ドル(300万円)未満の貧困家庭の子どもたちの
脳の表面積は、年収15万ドル(1800万円)以上の家庭の子どもより

最大で6%小さい

・・・ショック。

貧困が原因で感性や学習能力を刺激するための玩具などが不足し、
親と過ごす時間も不十分である。

それが悪影響を及ぼすらしいです。

アメリカでの調査ですが日本も同じなんでしょうかね。

心配です。

少なくとも子どもと過ごす時間は増やさないとね。

 

 

 

カテゴリー: ニュース タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です