終戦の日

終戦の日の今日、
天皇陛下は「さきの大戦に対する深い反省」に戦没者追悼式で初めて言及されました。

安倍晋三首相の式辞、昨日の70年談話よりも深い反省を述べられた事に
世界がどんな反応を示すか興味深いものです。

 

火事がおこらないのが理想。
その為の労を惜しむ者はいない。

けれど・・・火事が無くならない限り消防士はなくせない。
火事で傷ついた消防士を誇りに思う事がいけない事であるわけがない。

ソレだけの事だと私は思ってます。

 

 

.

カテゴリー: ニュース タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です